tel

ガンになりにくい体質作り"

日本酒の副産物である「酒粕」は、酒造りの際、もろみと呼ばれる発酵した柔らかい固形物をしぼった後のしぼり粕のことで、もろみの中で溶けきれなかった米粒や麹、酵母、清酒成分などを含んでいるために栄養価も大変高いのが特徴です。
栄養成分としては、たんぱく質、炭水化物、食物繊維、ビタミン類、有機酸、ミネラルなどが含まれているほか、ペプチドやアミノ酸、麹菌、酵母菌由来のβ‐グルカン、葉酸なども含まれています。
また最近では、免疫や血圧についての研究が進められています

【酒粕に含まれる主な栄養素】

※五訂増補日本食品標準成分表より抜粋
(100gあたりに含まれる栄養成分量)

食物繊維(g) 5.2 ナイアシン(mg) 2
ビタミンB1(mg) 0.03 パントテン酸(mg) 0.48
ビタミンB2(mg) 0.26 ナトリウム(mg) 5
ビタミンB6(mg) 0.94 カリウム(mg) 28
葉酸(μg) 170 カルシウム(mg) 8
亜鉛(mg) 2.3 マグネシウム(mg) 9
水分(g) 51.1 リン(mg) 8
炭水化物(g) 23.8 鉄(mg) 0.8
脂質(g) 1.5 銅(mg) 0.39
たんぱく質(g) 14.9    

【成人の1日に必要とする主な栄養素の摂取基準】

※第六次改訂日本人の栄養所要量より抜粋
(18歳~29歳、男女)

 男性女性
食物繊維(g) 20~25
ビタミンB1(mg) 1.1 0.8
ビタミンB2(mg) 1.2 1.0
ビタミンB6(mg) 1.6 1.2
葉酸(μg) 200
亜鉛(mg) 11 9

大和吟醸焼のこだわりはこちら

#