tel

ガンになりにくい体質作り"

近年、血液がドロドロの人が急増しているとよく耳にします。血液がドロドロになると、悪玉コレステロールや尿酸・血糖・中性脂肪などが通常より多く、血液の粘り気を増やし、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こす恐れがあることは皆様もよくご存知のことでしょう。そこで、酒粕の登場です。
現在、酒粕には病気の予防策としてドロドロの血液をサラサラの血液に変える効果が期待されています。日本酒は米を醗酵させて造るものですが、その際にアルコールに加えて独特の匂いとペプチドなどの有効成分を生み出します。ペプチドは悪玉コレステロールをやっつけて、善玉コレステロールを増やすことができるので、血圧を下げたり、血栓を溶かす作用があります。この有効成分が血液をサラサラにしてくれます。しかも、有効成分の90%以上は日本酒ではなくなんと酒粕に含まれているのです。

そのほか、骨粗しょう症の予防、ボケや老化の予防、免疫力を高めたり、肝硬変から肝臓を守る作用など、いろいろな健康効果があることが分かってきています。血管拡張を促す作用もあるので、ストレスはもちろん、肩こり、冷え性、偏頭痛などの改善効果も期待されます。花粉症などのアレルギー体質の改善にも効果があるということなので、まさに万能薬と言っても過言ではないと思います。酒粕に感謝ですね!

大和吟醸焼のこだわりはこちら

#